ミノキシジルの副作用とは?

効果の高い育毛剤ほど副作用の危険性も高くなり、使用方法を誤ると死に至るケースもあるそうです。
日本で唯一発毛効果が認可されている成分ミノキシジル。
ミノキシジルは元々髪の毛を増やすために開発された成分ではなく、血管を拡張させて、血圧を下げるために開発された成分でした。
ミノキシジルの臨床試験を繰り返しているうちに、髪の毛が生える副作用が見つかり、育毛剤に使用されるようになりました。

つまり、ミノキシジルの副作用によって髪の毛が増えているのです。
血管の拡張が主な効果なので、血管を無理に拡張することによって、心臓や腎臓に重大な疾患が起こる可能性がありますし、血流の増加に伴い新陳代謝が促進され、ニキビや肌荒れなどの副作用もあります。
これらの副作用は、経口摂取するタイプのミノキシジルに起こる副作用です。
塗布タイプのミノキシジルは、主に頭皮の肌荒れや頭ニキビなどが挙げられます。
ミノキシジルの副作用を回避する方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ